お気に入り

カート

ログイン

検索

メニュー

閉じる

一度食べたら虜になる【山梨の桃】その魅力に迫る

一度食べたら虜になる【山梨の桃】その魅力に迫る

フルーツ王国と呼ばれる山梨では果物が栽培が盛んです。収穫シーズンになると果物を目当てに訪れる観光客がたくさんいます。そもそも山梨の果物はなぜ美味しいのか?今回は主力の果物である桃の品種や、美味しい食べ方について紹介していきます。

山梨はフルーツ王国


山梨の果物の歴史は江戸時代から始まっており、そこから今に至るまで先人たちの知恵や情熱を受け継ぎ、改良を重ね「フルーツ王国」と呼ばれる山梨となりました。そんな山梨では1年を通してさまざまな果物が栽培され、質の高さや消費者のリピート率は同じ果物産地の中でも群を抜いています。そして山梨の桃生産量と栽培面積は全国でも1位です。桃はフルーツ王国山梨の中で、主力のフルーツです。

山梨の果物が美味しい理由

生産量だけではなく、甘くて美味しい山梨の果物にはしっかりとした理由があります。


  • ・年間の日照時間が日本一:太陽の光をたくさん浴びることで甘味の元である「でんぷん」が作られます。
  • ・昼と夜の寒暖差が大きい:夜の気温が低いことで、日中作られた「でんぷん」が果物の中に糖度として蓄えられます。
  • ・年間の降水量が少ない:雨でぬれると病気にかかりやすくなりますが、山梨県は雨が少ないので病気のリスクが低くなります。
  • ・水はけの良い土壌:山梨の土壌は傾斜地が多く水はけが良いので根腐れを防ぎ根や葉が丈夫に育ちます。

このように果物の栽培に適した条件が全て揃っている山梨だからこそ甘くて美味しい果物の栽培を可能にしています。そして、果物の栽培に長く携わることで習得した「農家さんの高い栽培技術」が山梨の果物を支えています。厳しい選果基準が設けられていることにより、安心・安全の美味しい果物だけが私たちの手元に届いているのです。

山梨の桃

全国一位の生産量と栽培面積を誇る山梨の桃は、品種ごとに旬の時期が少しずつずれているため、長い期間の中で色んな桃を楽しむことができます。山梨で栽培されているおすすめの桃の品種と、出荷時期を紹介します。


  • ・ちよひめ:6月初旬〜6月下旬
  • ・日川白鳳:6月中旬〜7月中旬
  • ・加納岩白桃:6月下旬〜7月下旬
  • ・夢みずき:7月初旬〜7月下旬
  • ・浅間白桃:7月中旬〜8月中旬
  • ・なつっこ:7月中旬〜8月下旬
  • ・川中島白桃:7月下旬〜8月下旬
  • ・さくら:8月中旬〜9月中旬

山梨県では、6月から9月にかけて様々な品種の桃が栽培されており、全国にその美味しさを届けています。比較的短い期間しか出回ることのない桃ですが、山梨県では恵まれた自然環境と栽培技術を生かし、桃の季節を目いっぱい楽しめるよう、品種リレーの体制が整えられています。

夢みずきに注目

夢みずきとは、果肉が柔らかく果汁が豊富な「浅間白桃」と糖度が高く食味に優れた「暁星」を掛け合わせて誕生した山梨県のオリジナル品種です。山梨で栽培される桃の中でも「夢みずき」は近年とても注目されており、有名なスイーツショップでも扱われているイチオシの桃です。

見た目

大玉で色づきが良い見た目から、贈答用としてもおすすめの品種です。果肉は全体的に紅色に染まっており、断面は霜降りのような上品な色合いが特徴的です。

味わい

「夢のようにみずみずしくて美味しい桃」としてネーミングされた通り、果汁が豊富でジューシーです。皮の近くはブリッとした弾力があり、甘さがギュッと詰まっています。繊維や渋み、酸味がないのでとても食べやすく、年齢問わず愛される優れた味わいを感じられます。

桃を美味しく食べるには

桃は長期的に冷蔵保存すると甘さが半減してしまいます。そのため冷やしすぎには十分注意し、目安として食べる直前(1〜2時間前)に冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめです!また購入後、すぐに食べたい時は氷水を使って30分〜1時間冷やすことで適度に冷え、美味しく食べられますよ。


また桃には固い桃と柔らかい桃とがあり、それぞれおすすめの食べ方が異なります。


  • ・固い桃:皮ごと食べる

桃の味が1番濃いのは”皮と果実の境目”の部分なので皮ごと食べると濃厚な味わいが楽しめます。また硬めの桃は皮と果実が密着しているので一緒に食べやすいですよ。


  • ・柔らかい桃:加工しても美味しい

果汁たっぷりでとろっとした食感の桃はそのまま食べるのはもちろん、さまざまな料理やスイーツに活用できます。定番のジャムやコンポートは桃本来の甘みや香りが楽しめ、長期保存も可能なため日持ちしない桃のアレンジレシピとしておすすめです◎

山梨の桃は天下一品!

山梨がフルーツ王国と呼ばれるまで長い歴史があり、そこには農家さんたちの熱い情熱によって守られ進化し続けてきた物語があります。果物を愛し、果物に愛される山梨で作られる果物はどれも絶品の味わいです。中でも主力とする桃は食べて納得のハイクオリティな味わいなのでぜひ一度ご賞味ください。

記事一覧に戻る